内科・外科 はぎはらクリニック

〒630-0122 奈良県生駒市真弓4-4-7
TEL:0743-71-2720  FAX:0743-71-2721

当院について 診療科目 院長紹介 下肢静脈瘤硬化療法 所在地・MAP お知らせ

下肢静脈瘤硬化療法

HOME > 下肢静脈瘤硬化療法

下肢静脈瘤とは?

イラスト脚の静脈には血液が常に心臓に向って流れるように逆流を防ぐ弁があります。この弁がきちんととじなくなり、血液が逆流し、表面の静脈が太く、多くは曲りくねって瘤(こぶ)のように膨らんだ状態をいいます。
出産経験のある方や長時間の立ち仕事をされておられる方によく見られます。

以下の4つに分類されます。


  • 本幹タイプ:大伏在静脈(足の甲の静脈から血液を集め、脚の内側の皮下を膝を通り脚の付け根まで流れます)や小伏在静脈(足の外側の血液を集め、ふくらはぎの後面の皮下を走行し膝の裏に流れています)の、本幹やその主要分枝にできるタイプで最も太い瘤を形成します。
  • 側枝タイプ:伏在静脈より末梢の静脈瘤で孤立性のこともありやや細いタイプです。
  • 網状タイプ:血管の太さが2mmくらいの細い皮下静脈が網目状に青く見えるタイプです。
  • クモの巣状タイプ:クモの巣のように見える血管の太さが1mm以下の皮膚内静脈瘤です

下肢静脈瘤の症状

あしが重く感じる、むくむ、だるい、つっぱる、痛い、ほてるなどの症状があります。また、あしの筋肉がつる、こむら返り(夜に多いようです)もおきやすくなります。こういった症状は日中の長時間の立位や座位で強くなり、また、女性では生理の前後に強くなることもあります。但し、見かけの静脈瘤の程度と症状は必ずしも比例していない印象も有ります。
さらに進行すると皮膚炎がおき、色素沈着や潰瘍を起してくることもあります。


静脈瘤の治療

1)日常生活での注意

下肢に血液が溜まらないように、長時間じっと立ったり座りつづけることは避けましょう。足がだるくなったら、短時間でもあしを心臓より高くして休息することを心掛けましょう。休息がとれない方は、足踏みをしたり、歩き回ったりしてください。あしの筋肉を使うと、筋肉のポンプ作用で静脈還流がよくなります。
夜寝るときには、クッションなどを使用しあしを高くして休みましょう。


2)弾力ストッキング

足首の圧迫力が強く脚のつけ根に向かって弱くなっているものを足首やふくらはぎのサイズに合わせて選びましょう。静脈瘤そのものが治るわけではありませんが、軽症例では効果も期待できます。


3)ストリッピング手術

ストリッピング手術は、悪くなった血管内にワイヤーを通し、ワイヤーを引き抜くことによって静脈瘤を抜き取る方法です。確実に治療できますが、多くは全身麻酔や下半身麻酔でおこなわれ、手術の傷跡が残り、入院でおこなう施設が多いです。


4)硬化療法(+結紮術)

直接静脈瘤に薬(硬化剤)を注射し、静脈瘤を圧迫して、静脈を癒着させ静脈瘤をつぶします。硬化療法に要する時間は15分程度です。
ただし血液の逆流の強い人には、再発する恐れがあるため、静脈瘤の種類、血液の逆流の強さを考え、伏在静脈の結紮術を加えることがあります。結紮術は、皮膚に小さい切開を加え、静脈をしばるものです。これにより血液の逆流を止めてしまうわけです。すべての人に結紮術が必要なわけではありません。
結紮術は局所麻酔ででき1ヶ所約15分です。静脈瘤の状態に応じて1ヶ所から2ヶ所位の結紮術をおこないます。
硬化療法後3日目に圧迫を解除するまで、入浴を控えていただいていますが、その他の日常生活は可能です。


5)レーザー治療

最新の治療として限られた施設で行われ、そのメリットが報告されていますが、わが国では保険診療で認められていません。



Copyright (C) 2006 HAGIHARA Clinic All Rights Reserved.